ライフカー

Home / Announcement / The Lifecar

The Lifecar

The Lifecar
2008年1月1日

環境的にクリーンで効率的なスポーツカーに対するモーガンの取り組みを強化するために、防衛技術の多国籍企業であるキネティック社や他のハイテク組織と協力して、注目すべきライフカーが2008年に開発された。水素を使う燃料電池を動力とするこの先進的なクルマは、ウルトラコンデンサーのバンクに蓄電された電力と、駆動輪に直接つながった4つの超効率電動モーター/ジェネレーターを使って、リッターあたり53kmの燃費に匹敵する性能を達成するように設計された。このシステムには回生ブレーキも含まれており、ブレーキングと減速中の運動エネルギーの50%までを取り込むことができる。シャシーとボディはすべてモーガンで、エアロから開発されたシャシーと、先進的な木製フレームに組み付けた軽量アルミのパネルで作られている。

一方、エアロマックスに対する際立った反応は、モーガンのデザインチームに、定評のあるエアロのシャシーをベースにする、もう1台のエキサイティングなスーパーカーを開発することを促した。マシュー・ハンフリーズとデザインチームは、ウインドスクリーンを前進させ、コクピットからテールにかけてエアロの滑らかなラインを残して、独特の新しい形をデザインした。これは広々としたトランクが特徴で、天気が良いときはオープンエアのオプションをドライバーに与えられる取り外し式のルーフパネルも、そこにしまうことができる。パワートレーンはBMWのB4.8 N62エンジンで、2008年2月からエアロモデルに使われているものだ。

Back
Recent Posts