アルミシャシーのプラス8

Home / Announcement / Aluminium chassis Plus 8

Aluminium chassis Plus 8

Aluminium chassis Plus 8
1990年1月1日

1990年代の半ば、注目すべき新しいモーガンが具体化し始めた。サーキットで競争力を持ち続けて、世界レベルのスポーツカーを作るというモーガンの評判を維持するために、チャールズ・モーガンはすべてが新しいシャシーの開発を決断した。モーガンディーラーのビル・ウィケムとともに、チャールズは目的を限定して設計した新しいシャシーのプラス8で、1996年に7戦のBPR国際レースシリーズに参戦した。このレースは1997年にFIA GTシリーズになった。新しいマシンは、ファクトリーが成功するレースカーを作って走らせることができるのを証明したが、このシリーズにはもっと高いパフォーマンスが必要なこともわかった。既存のボディ形状の空力特性が、成功を限られたものにする大きな要素だったのである。

Back
Recent Posts