エアロの誕生

Home / Announcement / The “Aero”

The “Aero”

The “Aero”
1920年1月1日

アルバート・ボール大尉が乗っていた特別なボディのグランプリに触発されたもう1台のスペシャルモーガンが、1920年に発表された。これは、有名な飛行士に因んでエアロと呼ばれた。

 

H.F.S.モーガンの最初の設計がとても先進的だったので、ボディワークのモディファイ以外は、数年間の間、ほとんど変更を必要としなかった。車体は丈夫で軽い作りを維持し、2速のトランスミッションシステムは1930年代の初期まで作り続けられた。ライトはアセチレンランプから電気に変わり、スターターが取り付けられた。耐久トライアルで得た経験の結果、フロントホイールにブレーキが装着され、モーガンのクルマはこの分野での革新を最初に享受したもののひとつになった。よりパワフルなオーバーヘッドバルブのVツインエンジンが搭載され、この時代では例外的なパフォーマンスをモーガンに与えた。

Recent Posts